大学受験に合格するために|評判のいい塾を探そう

生徒

短期間で多くの資格を

勉強道具

修業年限と取得可能な資格

短大とは短期大学のことで、修業年限が一般的な大学と比較すると短めに設定されています。大学は4年制となっていることが多いのですが、短大では2年制となっているのです。また、医療系など一部の大学では修業年限が6年とされていますが、短大でも医療系の場合は修業年限が3年となります。いずれの場合も、短大だと通学する期間が大学の約半分となるわけです。しかし学ぶ期間が短くても、取得できる資格は数多くあります。たとえば教育関連では、幼稚園や小学校の教諭の二種免許を取得できます。中学校教諭の二種免許についても、科目は限られていますが取得可能です。この他にも、保育士や学校図書館司書の資格取得も可能となっているのです。そのためより早く社会に出ることを希望している人の多くが、短大を選択しています。もちろん取得できる資格は、養成課程の種類で異なってきます。具体的には、保育士になることを希望している場合には、保育士の養成課程がある短大を選択する必要があるということです。中には、複数の養成課程があり、複数の資格を取得できるという短大もあります。短い期間により多くの内容を学ぶことになるので、その分日々の学習時間は多めになりがちです。しかし上記の資格はいずれも、資格認定試験を受けることなく取得できます。指定されている単位を全て取得すれば、それだけで卒業時には免許状などが渡されるのです。こういったメリットからも、多くの人が高校卒業後に短大に進学しています。